ニキビケアランキング
ファーストクラッシュの魅力

<管理人イチオシのニキビケア>
↓お得な限定割引購入はコチラから↓ 購入サイトへ購入サイトへ

クチコミ情報
思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビ、一体どういった点が違うのでしょうか。 特徴・原因・時期の3つで、それぞれ比較してみましょう!

 ■ 特徴

おでこや鼻の周りなど、顔の中心から上のTゾーンと呼ばれる部分に 多くできるのが思春期ニキビです。

思春期を過ぎ、ホルモンバランスが整ってくると比較的落ち着いてきます。

反対に、口の周りやあご、フェイスラインなどの、 Uゾーンと呼ばれる部分に多くできるのが大人ニキビです。 治ったと思ったら同じところにまた出来るという、繰り返しが特徴です。

これらの特徴から、思春期ニキビは思春期が過ぎるまでの清潔を保つことで、 ある程度の予防や悪化を防ぐと言った手段をとることはできます。

また、繰り返す大人ニキビの場合は、 その原因と、肌を正常に整えるといった手段が必要になってきます。

このように、大きく特徴の違う2種類のにきびでは、それぞれに合ったケアが必要です。
思春期ニキビ向けの商品を大人ニキビの人が使っても効果が実感できなかったり、 その逆があるのは、まったく違った性質を持っているためと言えます。

 ■ 原因

思春期ニキビの場合、成長過程でホルモンバランスが安定しないことから、 男性ホルモンの分泌が一時的に高まり、その影響で皮脂が過剰に分泌されます。
過剰に分泌された皮脂が肌に残っていると、結果として毛穴詰まりを起こし、にきびになります。

反対に、大人にきびの場合ははっきりとした原因の特定ができていません。
ただし、その要因としては、ストレスによる過剰な男性ホルモンの分泌や、 肌のターンオーバーの乱れ、活性酵素など、実にさまざまなものが挙げられています。
こうした要因が一つだけではなく、いくつか組重なっていることから、 大人ニキビは対策が難しく、再発しやすいとも言えます。

また、思春期ニキビのできやすいTゾーンは、その多くがアクネ菌と呼ばれる菌が原因。
大人ニキビのできやすいUゾーン(フェイスライン)の場合は男性ホルモン、 あごや口回りの場合は食生活の乱れや生理前などが原因とされています。

 ■ 時期

思春期ニキビは、ホルモンバランスの不安定な10代に多く、 季節としては皮脂の分泌が増える春~夏の間が最もできやすいということができます。

大人ニキビの場合はストレス社会で生きる20代以降が多く、 季節としては肌が乾燥し、肌のターンオーバーが乱れやすい秋~冬が多いと言えます。

ただし、こういった時期に関してはあくまで参考程度にしかなりません。
というのも、にきびのできる時期自体は個人差の部分が強く、 一概に「こういう時にできやすい!」ということが難しいためです。

例えば、女性の生理前。
生理前は男性ホルモンと似た働きをする黄体ホルモンが増えるため、 ニキビができやすくなってしまいます。

また、花粉症などの季節アレルギーなども、 にきびに悪影響を及ぼすと言われています。
ストレスによる肌質の変化などもあるため、時期としてはあくまで目安としてお考えください。